FC2ブログ

こねるからつや 風の窯

高知の山のなかのやきもの屋です。陶芸教室もやってます。どなたでも気軽にお越しくださいね。出張陶芸教室も受付中です。

土練り ハンコの仕上げ 碗の仕上げ

浜田さんの花器はひっくり返して乾かす
 乾かす

衣装ケースに入れてふやかしてある岐阜土
岐阜の土

練る
練る

寝かせる
寝かせる

次の土練りの準備もしておく
次の準備

前庭の菜の花は満開に
満開

新施設の工事もどんどん進んでる
進む

乾かしてある自作の碗
碗

柔らかいので半分だけ削ってさらに乾かす
半分削る

猫二匹は勾玉形で寝ている
勾玉

焚き付け用の杉の葉の補充
補充

これも乾かしてあるハンコ
ハンコ

仕上げする
仕上げ

碗も最終仕上げ
仕上げ

前回傷が出たので棚の一番下においてゆっくり乾かす
ゆっくり乾かす
ぽちっとお願いいたします

手当て ハンコづくり ファッション浜田さん 土練り

昨日作った碗を樹脂亀板から外す
外す

亀板は洗っておく
洗う

釉掛けを失敗して洗って乾かしてあった碗に釉薬のかけ直し
掛け直し

老健教室で使う予定のハンコを作る
準備

粘土板を型に押し付けて
写す

上に粘土を足して厚くする
補強

三個できた
三個

常連のファッション浜田さんがおいででした
浜田さん

筒花器ができました。だいぶ厚いけれど
花器

満開のハクモクレンは風に揺れる
満開

土を練る
土練り

練り終えた土はビニール袋に入れる
入れる

風の当たらないここで少しの間休ませる
休ませる

ハンコの縁をそぐ
そぐ

碗はひっくり返して乾かす
乾かす
ぽちっとお願いいたします

素焼きの窯出し 追加碗づくり

素焼きの窯出し
窯出し

コイルに釉が付着していたので掃除して、紙やすり掛けで修繕
掃除

窯出しした作品
窯出しした作品

色ごとに分別
分別

釉掛けして
釉掛け

高台の釉はがし
釉はがし

窯づめはもう少し作品が集まってからにする
後日

釉掛けに失敗した作品は洗う。乾かしてからもう一度釉掛けしよう
洗う

癖の強い香川土を練る。素焼きで四個ひびがいったのよ
香川土

ロクロに据えて
据える

大きめの碗にする
大きめの碗

六個作る
六個

たまにはロクロに油を差しておこう。天板の軸が引っかかって外せんかったけれど
メンテナンス
ぽちっとお願いいたします

仕上げ 新人組 参考品づくり

素焼きの窯はだいぶ冷めてます
冷めてる

常連さんの作品はひっくり返して乾かす
乾かす

公園のハクモクレンの花が満開
ハクモクレン

老若猫は折り重なって昼寝
折り重なる

若女子二人の作品を仕上げる
仕上げ

きのう削った自作のカップに呉須で彩色
彩色

削りで出た県外土
削りで出た土

バケツに入れてふやかしておく
ふやかす

千谷さんとファッション浜田さんがおいででした
浜田さんと千谷さん

今日仕上がった二人の作品
今日の作品

老健用の参考品を作っておく
参考品づくり

陶製ハンコの探りも入れる
探り
ぽちっとお願いいたします

削り仕上げ 浜田さん組 若女子お二人

まずはストーブに点火
点火

猫三匹に朝ご飯
朝ごはん

窯にスイッチを入れる
点火

宅急便分の荷物の準備
準備

乾かしてある自作
作品

泥漿を用意して
泥漿

シッタに塗って
シッタに塗る

削り終えた碗にも塗って
塗る

ゴムヘラを使って磨きを入れる
磨く

白化粧土を刷毛塗りして
刷毛塗り

カラー化粧土で線を入れて碗とどんぶりの仕上げは終了
カラー化粧掛け

カップも削りました
カップ削り

午後は浜田さん組の教室の日
浜田さんと仙頭さん

作業の途中でみんなでストーブで焼いた冷凍たこ焼きも食べました
タコ焼き

今日の三人の作品です。多作なこと
今日の作品

浜田さんと仙頭さんは焼きあがってる作品を持って帰りました
持って帰った作品

初めておいでの若女子お二人。じっくり作っておりました
若女子二人

二人の作品はこうなりました
二人の作品
ぽちっとお願いいたします
次のページ