FC2ブログ

こねるからつや 風の窯

高知の山のなかのやきもの屋です。陶芸教室もやってます。どなたでも気軽にお越しくださいね。出張陶芸教室も受付中です。

細かな仕事ばかり 土練り

朝一番に居住地区の資源ごみ出し。今月もいっぱい
資源ごみ

お客さんの作品はひっくり返して乾かす
乾かす

自宅で使ってる行平鍋の柄が取れた
行平鍋

修理完了
完了

削りで出た土がたまったので
削りで出た土

練って
練る

ここで少し休ませる
保管

若猫は寝る
寝る

菜の花がさらに大きくなってきた
菜の花

ほうきの柄を短くしておく
修理

短くなった鉛筆をストーブで燃やしてコンパス用の芯を作る
芯

たまにしとこうカンナ研ぎ
カンナ研ぎ

明日の教室の準備をして
明日の準備

寒くなる予報なので水栓にカバーをして帰る
防寒
ぽちっとお願いいたします

商品の手当て シュロの木切り 薪割り

なにはともあれストーブに点火
点火

お客さんの作品はストーブの熱で強制乾燥
強制乾燥

薪割りで出た木っ端を燃やす
焚火

ゴミが入った土の水抜きはようやく完了
完了

この間窯出ししたつけもの器
つけもの器

砥石をかけて
砥石かけ

釉薬がかかっていない部分に食器用シリコンを塗る
シリコン塗り

再び収納
収納

木工所では山崎さんが注文品の「思い出ポスト」に塗装してました
思い出ポスト

グランドの新施設の工事は今このぐらい
新施設

フェンスの外のシュロの木が伸びてます。
根が張って石垣を壊す危険があるのでなんとかしなくち
シュロの木

のこぎりで切る
切る

切断完了
完了

一輪車にのせて
のせる

縄庭に運び込んで燃やせるようにさらに切断しておく
切断

若猫は老猫のおなかをモミモミ。おっぱいなんか出ないのに。
もみもみ

今日も薪割り
薪割り

積んで乾かす
積む

明日の教室の準備をして
明日の準備

気温が下がる予報なので水栓にカバーをして帰る
カバー掛け
ぽちっとお願いいたします

高知バリアフリー観光撮影 水栓修理完了 仕上げ

絵付け教室の準備
準備

高知バリアフリー観光の皆さんが施設の撮影においででした。
土佐山田町の車いすの男が絵付けをしている様子を撮影してゆきました
開始

お茶碗にも絵付け
お茶碗

30分ほどで二点の絵付けができました
絵付け作品

やきもの屋はロクロの実演
実演

役目を終えた簡易スロープは片づけられました
片付け

リクシルの方がおいでで水栓の修理をしてくれました
きちんと管理して凍らせんようにせんとね
修理完了

新施設の工事は着々と進行中
工事中

水抜き中の土もだいぶできてます
保管

お客さんのロクロ作品の仕上げ
仕上げ

完了
完了

取っ手をつけてという依頼のあったカップには取っ手付け
取っ手付け

自宅に脚立を持って帰るべく車に積む
積む
ぽちっとお願いいたします

屋根の補修 土練り 看板に彩色 香川土づくり

朝方、ホームセンターに寄って強力防水テープとトタン板を買ってきた
トタンとテープ

窯小屋の屋根にあがる
あがる

このところの雨で雨漏りし始めた屋根を補修したい。
屋根のトタンは錆びて小さい穴が開いてます
錆びて穴

防水テープで穴をふさぐ。
知恵のないやきもの屋のおじさんにはこれぐらいしかできん。
買ってきたトタン板は結局出番がありませなんだ
テープ芸

補修が終わったあと、結構な雨に
けっこうな雨

いまのところ雨漏りは止まってます
漏れてない

雨のやみ間にトイの掃除
トイの掃除

若猫はテラスの梁に避難
避難

樹脂亀板を洗っておく
掃除

明日の教室の準備
明日の準備

これも明日のロクロのお客さん用に土を練る
土練り

小分け
ロクロ用

気位の高いメス猫はいばってる
いばる

乾かしてある看板
看板

絵具で彩色
完了

香川土をかき混ぜて
かき混ぜる

50目の通し網に通して
通す

素焼きの鉢に盛る
盛る

ここに放置して水抜きする
乾かす

前回の鉢は通した時の水分が多くてなかなか水抜きが進まない
一週間前の土

新たに土をバケツに入れて
入れる

水を加えてふやかしておく
ふやかす
ぽちっとお願いいたします

老健作品の仕上げ 木の枝の処理 サッシガラスの修理 香川土の手当て

乾かしてある老健作品
変形一輪差し

足をつけて仕上げします
仕上げ

前庭の山桜の老木の枝が折れてる
下に道があるので人や車に当たったら大変。
電線にも引っかかってます
折れてる

竹の棒を使って引きずりおろす
外す

処理完了
完了

小窯の窯出し
小窯

受け取りにおいでたお客さんが持って帰れるように箱詰めしておく
梱包

昨日外したサッシの枠
サッシのわく

アルミ複合パネルを計って
サイズ計量

電動ノコでカットします
カット

枠にはめ込んで
はめ込む

元通りにはめ込んで作業完了
取付

水抜きを終えて、バケツに入れておいた香川土
香川土

柔らかいのでウマにしてもう少し乾かします
ウマにする

バケツに入れてかき混ぜておいた分
かき混ぜる

50目の通し網に通して
通す

泥漿になりました。結構きめの細かい粘土です
泥漿

素焼きの鉢に盛る
鉢に盛る

ここでこのまま放置して水抜きします
水抜き

香川土の原土
香川土原土

バケツに入れて
バケツに入れる

水を入れてふやかしておきます
ふやかす
ぽちっとお願いいたします
次のページ